バイオマス地域調査

バイオマスが地域の人々や事業者の方々にどのように認識されているのか、
地域の関係者がどのようにバイオマスにかかわっていくのかについて、調査を行っております。
また、地域の目標、循環型社会形成、農林水産業の振興、地球温暖化防止などにバイオマス利用がどのように寄与するのか、 バイオマス利活用によって地域にどのような影響を及ぼすのかなどについて調査を行っております。

2010年度は、福岡県大木町、岡山県真庭市などの先進事例を調査しております。

その他、福岡県筑後川流域、宮崎県都城市での地域の関係者と一体になっての調査研究を進めております。
そのために、住民や事業者の方を対象に、右記のような調査を行います。
バイオマス地域調査イメージ
聞き取り調査

地域の課題、ニーズ、バイオマス事業の可能性やその効果について事業者や住民の方に直接お話を伺います。
アンケート調査

環境・バイオマスへの関心、地域のネットワーク、コミニュティーの強さについてアンケートに協力していただきます。
ワークショップ

地域の方々にも一緒に参加していただき、バイオマス利活用の可能性について議論し、考えていただきます。
具体的な地域の状況、
調査の実施状況については、
こちらをご覧ください。福岡県大木町岡山県真庭市福岡県筑後川流域宮崎県都城市