バイオマスタウン状況調査

2013年2月28日(木) バイオマス・ワークショップを開催します

地域力で活かすバイオマス 参加と連携のまちづくり ~ 事 業 性 を 考 え る ~

日時: 2013年2月28日(木) 14:00~17:00 (入場無料・申込不要)
場所: 福岡県中小企業振興センター 401室(JR吉塚駅東口すぐ)
  福岡市博多区吉塚本町9番15号
  TEL 092-622-0011(代表)
主催: 国立大学法人九州大学大学院芸術工学研究院
共催: (独)産業技術総合研究所バイオマス研究センター、(公財)新産業創造研究機構、九州電技開発(株)
後援: 環境省九州地方環境事務所、九州経済産業局、九州森林管理局、九州農政局、福岡県、福岡県森林組合連合会、(社)福岡県木材組合連合会、NPO法人再生可能エネルギー推進市民フォーラム西日本(REPW)、ふくおか森づくりネットワーク、(一社)日本有機資源協会、(一社)廃棄物資源循環学会九州支部
概要: バイオマス利活用事業が事業性・経済性を伴って発展するための社会的条件として地域力に着目して3年間に渡って取り組んできた環境省によるプロジェクト研究の成果を発表するとともに、各地でバイオマスによる地域づくりを先導している方々と今後のバイオマス事業を育んでいくために何をなすべきかについて縦横に語り合うシンポジウムを開催致します。バイオマス事業の課題を解決する地域の取組のあり方や地域の力の付け方等について、具体的に話し合います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

プログラム

1.あいさつ 
  九州大学大学院芸術工学研究院 研究院長 石村 真一 氏 
2.趣旨説明・プロジェクト研究経緯 
  九州大学大学院芸術工学研究院 准教授 近藤 加代子 氏 
3.基調講演「地域力で活かすバイオマス~参加と連携のまちづくり~」 
  NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク 理事長 泊 みゆき 氏
4.研究成果発表
 ①「地域におけるバイオマス事業の事業性の考え方」
  (公財)新産業創造研究機構 研究三部 部長 大隈 修 氏
 ②「システムの事業性に影響する要因」
  九州電技開発(株) 環境エネルギー部 田上 海 氏
 ③「バイオマス会計を用いた地域力の効果分析」
  (独)産業技術総合研究所バイオマスリファイナリー研究センター 美濃輪 智朗 氏
 ④「地域力と事業成果」
  (国)九州大学芸術工学院 准教授 近藤 加代子 氏
5.パネルディスカッション
  司会: 九州大学 客員教授 堀 史郎 氏
  パネラー: 泊   みゆき  氏 (NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク 理事長)
  公雄 氏 (大木町環境課 課長)
  吉弘 辰一 氏 (浮羽チップ生産協同組合代表理事組合長)
  大津 愛梨 氏 (NPO法人九州バイオマスフォーラム 副理事長)
6.閉会のあいさつ   九州大学 客員教授 堀 史郎 氏

※ワークショップ後、意見交換会(要申込:092-533-4492)を行いますので、ぜひご参加いただけますようお願い致します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

パンフレットはこちら


ページのトップヘ